<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
INFORMATION
アニメCGの現場 2015 CGWORLD特別編集版 (Works books)

CGWORLD (シージーワールド) 2015年 01月号 vol.197 (特集:映画『寄生獣』、3DCG×広告グラフィック))

楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]

CGWORLD (シージーワールド) 2014年 12月号 vol.196 (特集:映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』『放課後ミッドナイターズ』)

やってはいけないCG制作

Maya キャラクターアニメーション -How to Cheat in Maya 日本語版-

【Amazon.co.jp限定】 タケヤ式自在置物 麒麟 鉄錆地調版 (ABS&PVC塗装済みアクションフィギュア/特製ポストカード付き) KT-001

ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 ユリーシャ・イスカンダル

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn The Art of Eorzea - Another Dawn - (SE-MOOK)

ゼロからのAfter Effectsエクスプレッション奮闘記―エクスプレッションがわからん!

ゲームグラフィックス 2014 CGWORLD特別編集版 (Works books)

Mac People (マックピープル) 2014年 10月号 [雑誌]

ANATOMY SCULPTING(アナトミー・スカルプティング) 片桐裕司 造形テクニック

3DCG×3Dプリンタ デジタル造形 2014 CGWORLD特別編集版 (Works books)

Mayaビジュアルエフェクト -Maya Visual Effects The Innovator's Guide Second Edition 日本語版-
海外で活躍したい方必読! ハリウッドVFX業界就職の手引き 書籍版・デジタル書籍版・DVD版ハリウッドVFX業界就職の手引き タケチューのレビュー記事へ
<< 総費用5千万円!全方位ビジョンを使った『バトルフィールド3』シミュレーター | main | 『The Foundry Showreel 2011』 >>
どうしようもないMaya メンタルレイのチリチリ。V-Rayでどうなるのか試してみた
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、V-Ray for Maya2.0のデモ版をダウンロードし、勉強を始めました。
V-Rayが速くて綺麗と言われる理由の一つが分かったので、ご紹介します。

今回のテストケースは
メンタルレイで発生する、ベベル部分のチリチリ。V-Rayではどうなるのか。
という実験です。

ちなみに珍しく長文です。


Mayaでレンダリングした際、
モデルの溝やベベル部分のチリチリ問題に出くわし、
メンタルレイの設定を上げたり、解像度を上げたりで
レンダリング時間や手間を犠牲にして対応したと思います。
しかも、それでもチリチリ消えなかった…みたいな。

V-Rayではどうなるのか気になっていたのでテストしてみた次第です。
結論から言うと、V-Rayは綺麗でしかも速く対処出来ました。

検証動画はコチラ (mov形式 2.88MB)
(動画は圧縮を掛けていますが、チリチリの見え方は非圧縮とほぼ同じです。)
ベベルの入ったタイルを敷き詰めた床と、
ビルのようなベベルを掛けたオブジェクトをレンダリングした物です。
質感はMayaのランバートシェーダー。ライトはMayaのディレクショナルライト1灯のみです。
カメラは床に近づくアニメーションをイーズアウトで付けました。

Maya メンタルレイ プロダクション クオリティー
 [ Min Sample Level:0、Min Sample Level:2、Anti-aliasing Contrast 0.100 ]
 レンダリング時間は1枚 2秒
 こんなに汚かったっけ?という位ベベルの途切れが発生しています。
 カメラが動くともっとヒドイ事に。

Maya メンタルレイ 高設定
 [ Min Sample Level:3、Min Sample Level:4、Anti-aliasing Contrast 0.010 ]
 レンダリング時間は1枚 31秒
 数値をこれ以上下げてもベベルの途切れが発生します。
 一見、静止画では問題ないように見えますが、
 カメラが動くと、50フレームくらいから、中央辺りにチリチリが発生します。

V-Rayデフォルトの設定
 (Adaptive DMC) [Min subdivs:1、Min subdivs 4、Threshold:0.01]
 レンダリング時間は1枚 4秒
 カメラが動くと、50フレームくらいから、中央辺りに少しノイズが発生します。
 ただ、プロジェクトやシーンの内容によっては
 ギリギリ許容範囲なレベルかもしれません。

V-Rayデフォルトの高設定
 (Adaptive DMC) [Min subdivs:5、Min subdivs 6、Threshold:0.005]
 レンダリング時間は1枚 12秒
 ノイズも殆ど見えなくなりました。
 適当に設定をかなり上げてレンダリングしていますが、更に上げる事も出来ます。
----

V-Rayの価格は1ライセンス138,600円。
影やインダイレクトライティング等、他の検証も出来ていませんが、
チリチリ対応の悩みが無くなるだけでも魅力的かもしれません。


2011.11.01 Tuesday  | comments(3) | trackbacks(0) | 3DCG(Maya) | 
Comment
PS13-RPS13 (2011/11/02 2:22 PM)
メンタルレイのフィルタータイプの変更は試しましたでしょうか?
ボックスのままでしたらミッチェルに変更してみてください。
とはいっても、今手元にMayaがないので試してみたわけではなく完全なあてずっぽうなのですが。。。
タケチュー (2011/11/04 1:48 PM)
>PS13-RPS13さん

メンタルレイのフィルタータイプはプロダクションクオリティー標準のGaussの3.0でレンダリングしました。

ちなみにV-Rayのフィルタータイプもメンタルレイと同じGuassの3.0に設定しています。

ですが、メンタルレイのフィルターを変更してのテストは試していません。

今会社にお休みを頂いている状態ですので
直ぐにテストする事が出来ません。
月曜に教えて頂いた方法でテストしてみます。

情報ありがとうございました。
PS13-RPS13 (2011/11/04 6:25 PM)
すみません。ガウスがデフォルトでしたか。
私の方はVray環境がないので試せず、うまくいくんではないかと単なる予想での内容のコメントです。
申し訳ありません。
しかしフィルタタイプを変更するとレンダリングに掛かる時間は増えると思いますので、どちらにせよVrayの方が早くいい結果が得られそうですね。

度々のコメント失礼いたしました。